MENU

AGAクリニックって?ハゲ薄毛治療できるものなのか

AGAの主な要因について

AGAになる要因は一つではなく、様々な要因により起こります。
最も大きな要因としては、男性ホルモンであるテストステロンによる影響が大きいです。ただし、テストステロンそのものによる影響だけではなく、毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素の一種がDHTという髪の成長を阻害するものに変化してしまうためです。
DHTによって、毛母細胞に栄養を届ける必要がないと判断されてしまい、髪への栄養供給が止まってしまい、一定のサイクルで成長期、退行期、休止期という髪が生え変わるヘアサイクルが髪が生え変わる上で行われますが、そのヘアサイクルが短縮されて、完全に髪が成長する前に抜け落ちてしまうという現象が起こり、AGAを発症してしまいます。
AGAには遺伝的要因もあり、特に母方の遺伝子による影響が大きいため、母方の親戚にAGAの方がいる場合には将来的になる確率が高くなります。
他にも、ストレスによって、自律神経やホルモンバランスを崩し、血液循環が悪くなることで、毛根に充分に栄養を与えることができにくくなることや、偏った食生活や喫煙などが要因となっている場合もあります。
AGAの対策としては、頭皮の状態をよくしたり、ストレスをためないことや、生活習慣の改善などを行うことが大切です。

病院で受けることのできるAGA治療で高い効果を持つものとは?

もともとAGAという病気は精巣で作られる男性ホルモンが体の中を巡る過程で頭皮のあたりにある特殊な酵素5αリダクターゼと反応してDHTという物質を作りだし、これを毛乳頭の感知機能がいち早く見つけて過剰な反応をすることによって栄養分補給を止め、頭髪の成長が著しく阻害されるようになるというものです。

 

病院におけるAGA治療ではまず、患者が本当にAGAかどうかを遺伝子検査や血液検査などで確かめるところから始まり、最も一般的な治療法としてプロペシアやミノキシジルといった処方薬を用いる方法がとられます。これらは高い効果を有しているものの、ただし即効性はないので、何らかの発毛効果を得るまでに数ヶ月から半年、あるいは1年ほどの期間をようすることもあります。

 

また専門病院では他にも、成長因子や栄養分を混ぜ合わせた液体を頭皮に注射して即効性のある発毛効果を獲得する方法を提供しています。そして自らの健康的な頭髪を毛乳頭も合わせて採取して、薄毛部分に穴を空けて丁寧に植え込んでいくという自毛脱毛も人気です。遺伝子的にも共通する自らの頭髪を使うので定着率が高く、うまくいけば一生ものの頭髪として効果を得ることの十分に可能なのです。